--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010/01/31 (Sun) お忍びデートは定番でしょ。

心がピュアじゃないと空白に見える場所があります。仕様です。
以下ss。

スポンサーサイト

自作小説 | comment(0) |


2010/01/31 (Sun) 似たもの同士 暗

死ぬのを、手伝う?この子を、僕が?
「私と貴方は同じ。だからきっと私を死なせる」
…同じならなおのこと無理じゃないだろうか?
同じだというなら考えることもやることも同じになって意味がないのでは?
そもそも、同じって?
疑問符が尽きない。発狂しない自分を褒めてやりたい。
「最初はどうやって死なせてくれる?」
その問いに答えを返すのがひどく怖かった。
でも、今逃げ出しても彼女はいつまでもついてまわる。そんな気がして僕はそれのほうがひどく怖かった。
それなら、それなら。
…うまく死なせることが出来れば。
その考えに自分で気づき、その考えが僕の中でどんどんふくらんでいくその様は虫が体を這いずるように気持ち悪くまた小川のせせらぎのごとく穏やかだった。
せせらぎの流れと這い回る虫とに自分を見失いそうになりながら、強く考えていた。
どう殺そうかと。

自作小説 |


2010/01/31 (Sun) 清く正しくいきましょう?

きみまーでとどきたーい友達じゃなーくー!
ハッピーエンディングを亜麻音と迎えたいよー!
出展、シャイニースマイル。歌詞、流ぬこ。

ドウイウコトナノ?ワカラナイヨ。
最近ドミネーションに途中参加すると負けてることが多い、逆転するとわしのおかげ!きっとそう。
みんなが尽力しなければ逆転はできぬ!だから自分もがんばってるのです。
サブマシンガン好きなのでキャンプされると手も足も出ないんですけどね^^
最近はずっと箱○つけてるので、壊れないか心配です。下手すりゃ廃プレイ並ですね。
とりあえず、オレ、亜麻音ちゃんとハッピー行ったらSS書くんだ…。

MW2をやっていた友達がMAGに浮気しました。
256人対戦とか、処理落ちとかラグとかないんですかね。
でも聞いたところによるとまだ256人フルでやったことはないそうで。
フル入ったら動画上がりそうですから、それでも見てみたいですね。

そういえばピニャータ2買ったけどやってないですね。
実績のほうが無印よりも取るのが面倒そうです。
まあドーナツがいればようはこともなし。
「それだけが私の望みです」と書いた紙を時計の後ろに隠しておこう。
そんなネタがひぐらしであった気がするのですが、そうでしたかね。
ああそういえば、ひぐらしやってないな。最初の部活やったくらいで放置しっぱなしです。
面白そうだとは思うのですけどね…いかんせん夢のクラブと戦場が自分を呼んでいるのです。

今日はまだ、終わらない!
オレはまだ、終わらない!
それじゃ一旦この辺で。
それでは。

ゲーム類 |


2010/01/29 (Fri) ベストエンディング到達に…

失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した

どうやったらハッピーを迎えられるのか疑問です流ぬこです。
もう意味わかんないお!浮気しちゃうぞ亜麻音ちゃん!

そんなたわ言はさておきデスネ、新しくリンクに追加させていただきましたら所存にございまするわ
エイジ様の「IM@S SS only page」にござい。
短文ではございまするがここにて紹介さしたもうございます。

ばっさり話の流れを変えるわしのスキル発動!
本当にドリクラのハッピーエンディングとか都市伝説でしょう?
どうしたものかさっぱりですよ。
かといって安易に攻略掲示板を見るのも、ここまでくると若干悔しい。
けど正直他の子もがっつり指名したい。
こんなに見事な二律背反があっただろうか…。
ちなみに二律背反の意味をよく知らずに使っています。間違っていてもご了承ください。

企画ssのほうは企画がやっている間はトップにも張っておきますのでよろしければご覧ください。
それじゃ今日はこの辺で。
それでは。

日記 |


2010/01/27 (Wed) 一枚絵で書いてみm@ster  

「ねえねえ、なに打ってるの?」
ソファーに腰掛ける千早の後ろからひょっこり真が身を乗り出す。
「それは、秘密」

「はいカットー!おつかれでしたー!」
「クランクアップでーす!みなさんお疲れ様でした!」
そう監督が言い終わるのと同時に拍手がおこった。
「千早ちゃんと真ちゃん、最後までお疲れ様。おかげでいい作品になったよ」
「へへっ、お疲れ様です!またお願いしますね!」
「力及ばずながらでしたがお疲れ様でした。またご縁があればお願いします」
それぞれ礼を言って一旦控え室に戻る千早と真。

「んー!楽しかったー、妹役だったからドキドキしちゃったよ」
「昔だったら弟役だったかしらね?」
「まあ今でも男役のほうが多いけどね…気にしてないけどさ」
喋りながら廊下を歩く二人。
ちらほらと周りにいる人たちは忙しく動き回っている。
それが芸能界という場所だ。

しばらくして自分達の控え室に帰ってきた二人をプロデューサーが出迎える。
「はいお疲れ様。とりあえず緑茶と緑茶と緑茶だ」
「緑茶しかないじゃないですかー!」
緑茶一択に不満を声を大にして言う真。
小さな控え室に活気が戻ってきた。
「嘘です嘘です、そこに適当に買ってきたから好きなの選んで飲んでくれ」
テーブルにあったのは色とりどりの着色がなされたジュースやらがたくさんあった。
その中のミネラルウォーターをとり腰に手を当ててごくごくっと飲む真。
この絵だけでもCMに使えそうだなとプロデューサーは思った。
「ぷっはーっ!やっぱり仕事の後には水だなー」
「おいおい親父みたいな…とりあえず千早も何か飲んだらどうだ?終盤の長台詞で疲れたろう」
「では遠慮なくいただきますね」
最初に薦めた緑茶を手にとって、真とは対照的に控えめに喉を鳴らさずに飲む千早。
これもまたCMに使えそうだなとプロデューサーは思った。
いっそ自主制作でもしようかと思ったが無断でそういうのを作って怒られたことを思い出したのでプロデューサは何も思わなかったことにした。
ふと質素な音、いわゆる普遍的な電話音が鳴った。
「誰かしら」
千早がポケットから携帯を取り出す。そして携帯を見ようとしたそのとき。

「ちはやさーん!おつかれさまでーす!」
世界の果てまでも届きそうな声の主はやよいだった。
何の仕事でだかはわからないがペンギンのコスプレをしていた。
「可愛すぎるだろう、これは合法ロリ…」
「プロデューサー!やよいちゃんの前であまり変なこと言わないでください!」
「はい自重します」
割と本当に怒られたので素直に謝るプロデューサー。
さて、千早がやよいのことをやよいちゃんと呼ぶようになったのはいつからだろう?
「でも本当に可愛いね~僕もやよいくらい可愛くなりたいなー」
「まことさんは十分に可愛いと思いますっ!」
「そうね、だからこそ今回だって妹役のオファーが来たんだと思うわ」
「そ、そうかなー?照れちゃうな~…」
そういって頭を掻く真。これはいつもの真の癖だ。
「それでやよいちゃんはどうしてここに?」
「たまたま隣のスタジオでお仕事をしてたんです。それでプロデューサーを見かけて挨拶をしたらちはやさん達も来てるって言うから来ちゃいました!」
「そうだったんだ、仕事は一人だったの?」
「いえ他にもですね」
「ちっはやちゃーん!」
第二に控え室に飛び込んできたのは春香だった。

チャームポイントのリボンを揺らしながら千早に抱きつく。
「ちょっと、春香!いきなり抱きつかないで!」
「だってドラマの仕事終わったんでしょ?だからお疲れ様の意味を込めて、ねっ!」
「ねっ!って言われても…」
「真もお疲れ様っ!はいこれクッキーだよ!」
「本当?丁度良かった、お腹空いてたんだー!」
ここまでくるともはや収集のつけようもないのでプロデューサーはただただひっそりと佇んでいた。
「そういえば千早さ、さっき携帯鳴ってたよね?見なくていいの?」
「ああ、そうだったわ。やよいちゃんや春香が来て忘れてた」
「あう~…邪魔しちゃってたらごめんなさいー…」
「ええっ邪魔だった?それだったらごめんね千早ちゃん」
「そんなことないわ、今から見ればいいだけのことだから」
そんなことないわ、そう言った千早を見てプロデューサーは思った。
ああこの子は変わったなと。昔の彼女からは想像もつかない言葉だなと。
病的なまでに音楽に執着した少女がこんなに普通になった。
真にしてもそうだ。ボーイッシュな女の子と世間から見られるのにもうほとんど抵抗がない。
やよいも春香も、もちろんこの場にいないアイドル達も変わった。
でも変わっていないものもある。
例えば千早は歌に対する真摯さは今も忘れていない。
例えば真はまだまだキャピキャピした女の子を目指している。
自分の目標や根底にあるものはきっと変わらないのだろう。
それでも彼女達はいい方向に変わったんだと思う。
「それもこれも俺のおかげだな、うんうん」
「…独り言は怖いですよ?プロデューサー」
「ああ気にしないで続けてくれ」
とは言ってみたものの、結局はこういう風に仲間がいてくれたことも一つの変わった要因だろう。
そもそもそれこそが一番の要因なのかもしれない。
助けあい競い合い切磋琢磨しあえる仲間がいたからこそなのかもしれない。

「さっきの、あずささんからだわ」
「なんてなんて?」
千早がソファーに腰掛けながら身を乗り出してきた真に目を合わせながら携帯をいじる。
「律子さんと小鳥さんと私で、ドラマが終わったお祝いの準備をしたから早く帰ってきてね~。だそうよ」
「り、律子もか…この間怒られたばっかでちょっと気が引けるなぁ」
「大丈夫、後からねちねち言う人間じゃないでしょ?律子は」
「まあそうなんだけど」
先ほどのドラマとまるで同じ光景がそこにあった。
でもドラマとは違う。きっとその違いは
「私にも見せて~ちはやちゃーん」
「だから近いってば!もう、見せるから!」
「私もお祝いしたいです!それじゃまことさん、ハイターッチ!」
「ハイターッチ!そしてダーン!へへっ」
「ダーン!えへへ~」
「ん~仲間がいるっていいね、千早」
「そうね…うん、いいわね、真」

これが違いの答えだろう。

小説 | comment(4) |


2010/01/25 (Mon) おいおい…マジかよ…

なんだよパスタ教授って…。
俺の愛しいドーナツ殺しやがって帰っていきやがった…。
まじなんなんだよあいつ、生きとし生けるもの殺す権利があのカス野郎にあるのかよ。
返せよ!俺とあいつが過ごしたその時間を!思いでを!そんであいつを!

本当に大切なものがいなくなる気分です流ぬこです。
パスタだかペスターだから知らないけど、あいつだけは許さない絶対に、絶対にだ。
一番育ててたのを食うとか、嫌がらせ以上の悪意を感じた。
本当にどうしてやろうか。夢の中でボッコボコにしてやろう。

書いてみm@sterのほうは一応出来上がったので明日か明後日にでもここに載せます。
それじゃ今日はこの辺で。
それでは。

日記 |


2010/01/24 (Sun) さて、無謀にも挑戦してみたのですが。

「一枚絵で書いてみm@ster」 現在こちらに参加中です。
普段こういったものには参加しないのですが、たまにはやってみようと。
何にせよ、最初からお題が提示されていてそれを据え置きながら何かを書く、初めてかもしれません。
自分のブログだけでの展開じゃないことで誹謗中傷がありそうですが、どうせならケチをつけられる作品を。
故意にケチをつけられるような作品を書くわけじゃないですけどね。

いままではただのチラ裏の小説でしたが、今回はもう少し楽しめるような作品になるよう書いてみたいです。
さあ!ゆこうか!
それじゃ今日はこの辺で。
それでは。

キケン ガ アブナイ ! |


2010/01/23 (Sat) ドリクラ→ピニャータ→デューティー(以下ループ

ずーっとこの順番で代わる代わるやっていた流ぬこです、そろそろ浸透してきましたかな?

ドリクラで俗世にまみれていちゃいちゃする→俗世を捨てて悟りを開きガーテンで癒される→もう思い残すことはないのでせめて最後は人のため→生き残ってしまいあのこを思い出す(以下ループ

こんな感じですばらしい食物連鎖、もといループを楽しんでいます。
やっぱり箱○面白い。マジかよ、糞箱売ってくるとか言わないでくだしい;;
でも、まあ、仕方ないですかね。おじさんも今新しく出てor出る箱○のソフトで欲しいものなんてないですし。
FPSだってPS3で発売されてるSAGだったかな、そんな大規模FPSとかありますし。
何人だったかな、250人程度だったでしょうか?なんか処理落ちとかひどそうで怖いですけど…。
MW2もサーバーへの接続が多々できなくなりますし、FPSってそんなものなのかな。
うちの環境がだめそうだ、という思いもありますがきっと大丈夫。有線だからいいのです。
無線だとなんか安心できません。ちゃんと「わしぃ、つながってるよぉ!はぁ!」くらい存在感があってほしい。
君の存在を感じられないと、僕はもうダメなんだ…。こわっ。

話の流れを、ぶったぎる!
伊豆の踊り子の本に同じく収録されている温泉宿を読み終わりました。
正直踊り子も温泉宿も内容理解に乏しいですが、感覚だけで言うなら温泉宿のほうが好きです。
なんというか、出てくる女性がみんな素敵でした。
なんとなくですがなぜそれに至ったのか、に対するその理由がわかったような気がします。
でも伊豆の踊り子同様誰がしゃべってるのかわからなくなったり、今どんな話なのかわからなくなったりはしました。
小説を読み進めて迷子になるなんてこの小説が初めてだと思います。

一番苦労したのが、人物の把握です。
お滝、お清、お絹、お咲、お雪、お時、あとだれかいたかな…。
とまあ似たような呼称で誰が誰だがわかにくいのです。
今でもお絹とお時はどんな人だったか覚えていません。ごっちゃです。
お滝とお雪はすぐに把握したんですけど。二人とも結構でますし。
とくにお滝さんですかね、所謂主人公みたいな位置にいるのは。
でもまったく主人公じゃないんですよ?これが一番、と決められるものじゃないです。
少なくともお滝、お清、お咲、お雪は必要不可欠だと思います。
後半に差し掛かってようやくキャラの像が見えてきたんですけどね。それくらい難しい作品でした。

やはりまだまだ未熟だった!
まだまだ人生長いですから、いつか年をとって今よりも小説を楽しめるようになっているその時に読んでみたいです。
まあまた読み返すのは読み返すのですけどね。
それじゃ本の感想が長くなりましたが今日はこの辺で。
それでは。

小説 |


2010/01/22 (Fri) 今日は朝からとてもいい気分でした。

言葉では到底表現しきれないほど、幻想的な空でした。
きっと今日の朝の風景は、絵でも描ききれないし写真でも写しきれない、文章でも表現することができない。
そんな空でした。もう見ることが出来そうにない、そう思うととても寂しいです。
もう一度同じような空が見れることを祈っています。
はい、いきなりこんなことぬかしやがりましたが実際に今日の朝の雲は素敵でした。
どうしても伝えたい!と思ったのですが結局言葉が見つからず、言葉がないという結果に終わりました。
いや、いい空でした…。

どうも流ぬこです。現在腹が痛いです。それはともかく。
ひだまりスケッチ見忘れたお
…ウツダシノウ。鬱だ死のう、鬱堕 詩嚢さん?なんつって。すいませんでした。

今日も三時ごろに寝てしまい、起きたのが九時半でした。
今の時間が五時半、いやあどうしたもんか。本当に苦笑ものですよ。
とりあえず起きてた時間はピニャータをひたすらやってました。
名作名作と言われていて、正直どうだかと思っていた私ですが。うん間違ってた。
ドーナツ可愛すぎるだろう。ドーナツだけの楽園とか、いや死ねる。
他にも可愛い可愛いピニャータたちが続々出てきてもう満足です。
今の箱○のソフトなんか買うより中古でピニャータ無印買ったほうが断然いいですよ。
まっこといい作品でした。まだまだやりますよ。
でもドリクラもあるので、ちょっとそっちをやってピニャータを、いやドーナツを愛でに行きます。
ドーナツしか見えない。ドーナツハァハァ…。

また話は変わり読書のお話。
伊豆の踊り子読み終わって、次の短編を読んだのですがここまで読むのに時間がかかるとは。
恐らく30~40ページくらいだと思うのですが、いかんせん文体が慣れていないせいか進まないのです。
そしてやっぱりわかりにくい。ここまでわからないとちょっと自分が情けなく感じます。
読み終わったらまた読み直そう。
それじゃ今日はこの辺で。
それでは。

日記 |


2010/01/21 (Thu) 5時半とかもうね、アホかと。

どうにも昼寝るのが通常になっている自分。嫌なんですけどね。
でも昼に起きてることがもう辛くて、つい睡魔に負けてしまうのです。
今日は途中で起きようと思っても、寝起きが悪いので結局三時から八時くらいまで寝てしまうことに。
そこから深夜を遊びつくし、家を出る一時間か二時間くらいに寝ます。
するとどうでしょう?見事な昼夜逆転の方程式が自然と出てくるのです。
うん、どうにかしよう。仕事するの控えよう。

そういえば今日、無印ピニャータとドリクラをブックオフさんで買ってきました。
やってないんですけど、明日にでもやってみようと思います。
にしてもドリクラがいつまでも高い。四千円近くしました。なんだかんだでピニャータも千五百円したんですけど。
ピニャータは面白いと聞くので楽しみです。ドリクラ?趣味です^^
よーしおじさんがんばっちゃうぞー。

そして最後。
今日「檸檬」の文庫本を買ってきました。ブックオフやっぱり神ですね。
それに加えて百五円だったので川端康成の「伊豆の踊り子」を買ってみました。
それで読んだのですが、いまいち意味がわからない。
これはラノベに慣れきった俺の未熟さが出てることは間違いないですが、正直檸檬より面白くない。
ただ踊り子の純粋さは本当に綺麗でした。
所謂不朽の名作のこの本ですが根っこにあるのは結局いつも同じものです。
ラノベでもよくありますよね?だめな主人公が純粋なヒロインに惚れて更正していくような。
そんなラノベも伊豆の踊り子も根底にあるもんは一緒なのではないかと思いました。
技術力の面では月とスッポンほどの差があるとは思いますが、正直まだまだ未熟なおじさんではその力量が測れません。
だから一緒に見えるのでしょう。

あわわわわ、天下の川端康成の名作をそこらのラノベと一緒にしちゃって…。
これだからゆとりは。
名作だからすごいのじゃない。すごいから名作になったんだ!
感じ方は千差万別、ということで。
それじゃ今日はこの辺で。
それでは。

日記 |


2010/01/20 (Wed) 救援物資が卑怯すぎる。

今回も箱○のソフト、MW2でのお仕事の話。
救援物資からベイブロウやら攻撃ヘリやらAC130が出たときの喜びは異常。
自分は空に敵の機体がでたときすぐに殺されて冷血でランチャーしますけどね。
一回目のチャフで防いだつもりかい?二発目があるんだよ!
ドッカーン!
こんな感じで撃墜しています。あの爽快感はたまらん。

そうそう、これはちょっとした驚きなんですが、梶井基次郎の「檸檬」を学校で読んだんですよ。
なんというか、言葉では言い表せない軽快さと面白みを感じました。
いや、あれほどの短さでぴぴっときたのは始めてです。
特に檸檬を買ったあたりからもう楽しくてしょうがない。
国語の教科書を読み直すなんて後にも先にもこの作品だけだと思います。

国語の授業中に出会った作品ですから、大まかな意味というのも教えられたのですがそんなことじゃないと思います。
これはなにを表していてこの書き方はこうで、なんて読み方はもったいないと思いました。
ああ、なんて面白い書き方なんだろうな、とかこの一文が好きだなとか。
そんな感じで、意味を掘り下げるのではなく感覚で感じるのがいいと思います。
そうするととっても楽しくなってくるんです(流ぬこ談
この人の本欲しいですね…。

梶井基次郎、リスペクトします。
それじゃ今日はこの辺で。
それでは。

日記 |


2010/01/19 (Tue) それでは。

ソラノヲト、見たかったのにみんながデューティーを。仕事をやめてくれなかった。
まあ見ましたけどね。合間合間でちょくちょく。あとで見直します。
確かに見れば見るほどけいおんで、OPもエルフェンくさいです。
…まさかあんなことにはなりませんよね?

えっとですね、MW2がようやく60になりました。以上。
ちょっと寝ないと。それじゃ今日はこの辺で。
それでは。

日記 |


2010/01/18 (Mon) あーそういえば。

ブシロードのチケットあたりました。
…当たったよ。「恐らく当たるよ」は嘘じゃなかった。
ってことはですね。ってことはですよ?
4周年ライブは参加する気もなかった俺が。
それを悔いて望もうとしたクリスマスライブもいけなかった俺が。

ようやくアイマスの声優さんに見られるときが!!
いや下田さんは見たのですけどね。あの時は有頂天ホテルでしたけどね。
中村先生、ミンゴス、はらみー、ぬーぬーと今をときめくアイマスの方方に会える!
アイドルマスターのライブ、ということではないですけどそれはまた、ね?
何を歌うのか、いまいち予想つきませんが当ててみせる。いけおれ!

そしてぬーぬーこと沼倉さんが無双乱舞した今日放送の「はなまる幼稚園」
面白かったです。はなまるな天才のほうが好きでした。
ひーちゃんとケンジ君のからみがいっぱいあることを、期待してもいいですかね?
いきなり若林さんの声聞けたのにもテンションがあがりましたけどね。
キャラの名前、知らないわけじゃ…ない…ですよ…。
グーグル先生にご登場願え!俺!

さてまとまりもなく次の話題、というか思ったことですね。
レールガンの新OP「 LEVEL5-Judgelight-」
今回も早いテンポの曲です。早いの好きなのでうれしいです。
しかし、今回のPVにも”彼”は出るのでしょうか?それが問題だ。
流ぬこ的には、どちらかといえば大賛成だn!でることに。

こんな感じで今日はこの辺で。
それでは。

日記 |


2010/01/17 (Sun) ワンダ・ザ・ブラック

そんなに美味しくない。んー、ブラックはシルキーブラックが一番美味しいです。
ワンダならプライムローストが一番美味しいですね。
ブラックより苦すぎずモーニングショットよりも甘すぎず、極々控えめな甘さがたまらんです。
缶コーヒーの魅力に取り付かれたのはいつごろだろう。

高校生になってからですかね。最初に飲んだのはなんだったかな、ブルーマウテンだったかな。
最初のほうにボスのカフェオレを飲んで美味しいと感動して。
そんな感じで今まで結構いろんな缶コーヒーを飲んできました。
多少苦節はありましたが、いまでは好きな缶コーヒーもいくつか見つけられ満足です。

現在、ひだまりスケッチ365を友達と見直しています。
もうちょいがんばって見るので今日はこの辺で。
それでは。

日記 |


2010/01/16 (Sat) ひだまりースケッチ!☆☆☆

相変わらずの展開の速さでしたが楽しかったですよ。
みなさんはどうでしょう?好きになれたでしょうか。
とりあえず宮子の可愛さはもはや周知の事実。
髪の毛きれいにしてもしなくても可愛い、胸がなくても可愛い。
もはやアイドル、そうだプロデュースしよry

無駄に小説を二回も投稿してしまいました。
しかもそのうちの一つがシュタインズゲートっていう、ごめんなさい。
すばらしい作品を借りていざ!と思ったのですが、いやはや。無理でした。
ネタ帳みたいなメモノートに昔書いたやつがあって、それをちょっと変えてみたのですが。
何かがひどい、自分でもわからないけど。
あれか、全部ダメなのか。ダメダメか。
ショッキング!

やっぱり三人称視点でも書くようにしないとだめですね。
今日のでそれがよくわかった(キリッ
客観的に見て、それを書き起こすことがこんなに難しいこととは思わなかった。
いっつも一人称でしか書いてなかったから、三人称視点で書いていても途中で一人称視点に変わってしまう。
一人称視点どころか最近は会話分しかかいてなかったですし。
いやいや、そろそろ何か書き始めよう。

ということで下に二つほど小説とssを乗せたのでよければ見てください。
それじゃ今日はこの辺で。
それでは。

日記 |


2010/01/16 (Sat) これがシュタインズゲートの選択。

部屋に一人ずっとそうだった。
2010年から1975年にタイムトラベルしてきてからずっと一人だった。
その人生にもじき終わりが来る。そう感じていた。
だが果たして、私は変えられたのだろうか?
重苦しく鎮座しているダイバージェンスメーターに目をやる。
あの数字は変わったのだろうか?それとも変わらずに結局はディストピアが形成される世界に収束してしまっているかもしれない、椎名まゆりを助けられていないかもしれない。
IBN5100は入手した。私の使命は果たした。
これ以上、出来ることはもう何もない。
それがもどかしかった。
「…変えられたのかな」
言葉が漏れた。
その数秒後、携帯が鳴った。
「誰かだろう…」
今メールアドレスには天王寺君、2010年でいう店長くらいしか登録されていない。
理由はないがメールだと確信した。見てみれば、見知らぬアドレスから受信したようだ。
数は全部で3通。胸がトクン、と高鳴った。
私の中では3通は特別だから。だから携帯をこの時代でも持っていたし、メールアドレスも2010年と一緒のものにしていたのだ。受信した順にメールを見る、
「世界線の変動」
「無事完了した」
「鈴羽のおかげ」
半角6文字。ただのイタズラともとれる。
だけど私にとってはそれがなによりも欲しかった言葉。
このメールで私は救われた。
「安易にこんなことするとは…さすが、狂気のマッドサイエンティストだ」
でもこれでわかった。
私の人生は無駄に終わらない。きっとあそこにあるメーターも変動しているのだろう。
安心して目を閉じる。これで次にいける。
肩の荷が全ておりたようで、やけに軽い。心も体も。
「それじゃ今度は私が待つ番だ…」
この数秒後には未来の自分になっているかもしれない。それが楽しみで仕方ない、だからいこう。
「次会うときは、またあのラボで…」
また宴会しよう。

「鈴さんの顔は、そりゃ安らかだったぜ」

自作小説 |


2010/01/16 (Sat) サイネリア、初、当選

「せんぱ~い、ッテいないんですか?」

「ん?」

「あっすいません、水谷絵理さんいませんか?」

「あー俺は765プロのプロデューサーでここの社員じゃないんだ、だから絵理ちゃんがどこにいるかはわからないんだ。ごめんな」

「うえっ、プロデューサー…デスか」

「苦虫を噛み潰したような顔をだけど大丈夫か?」

「すいません、あんまりプロデューサーという肩書きの人にいい思い出がなくて」

「な、なんだってー!残念だよ」

「あっとその!でもあなたはそれに当てはまるかどうかはわからないデスよ?ともかくあの女が…」

「ん、最後のほうが聞き取れなかったな」

「いえいえ、なんでもないデス!」

「そっか、いやそれにしても。君アイドルになれそうだな」

「ふえっ?」

「絵理ちゃんと一緒にやってみたらdo-、どーだい?」

「楽しそうではありまスけど、私は体力ないですし、あんまり可愛くないし、そばかすとかあるし…」

「そばかすはウィークポインントであると同時にチャームポイントでもある。俺はそばかすの子とか好きだけどな」

「あ、ありがとうごいまス」

「それじゃ一緒にアイドらないかってもうこんな時間だー!遅刻したら伊織に殺される…!あわわわ、ごめん!もうれ俺会社戻らなきゃ!」

「は、はい」

「アイドる気になったら765プロでも876プロを尋ねてきてくれな!それじゃ!」

「嵐のようなひとだった…。それにちょっとキモかったし。けど、私がアイドルか。本当に言ってくれたのかな…」
「そばかすはチャームポイント…えへへっ」

自作小説 | comment(0) |


2010/01/15 (Fri) この眠さはそうそうない。

なんとかひだまりを見たけど、眠い。
感想は明日にでも。
あとタクティカルナイフが強すぎる。
鬼武器すぎますよあれ。

すっごい短いですが今日はこの辺で。
それでは。

日記 |


2010/01/14 (Thu) いやいや、すいません。

ばっさりと熟睡してました流ぬこです。いや、13時間も寝るとはね。
自分でもこんなに寝るとは思わず結構な誤算になりました。
まあ遅刻せずに学校にいけましたけどね。

それで小説のほうですけど拍手どうもありがとうございます。惚れました、結婚してください。
今日の朝、ちょっと時間があったので学校で思いついたネタをぱっと載せて見ました。
この時期だからこそみたいなね、学校でこんな感じだったらいいなという妄想を織り交ぜながら書きました。
実際は誰も彼もしゃべってるし先生も注意したりたまり怒鳴ったりしてるんですけど、そこらへんの汚い部分、余計な部分を排除して書いてみました。そんな先生がいたらいいですね。
と、あれほど短いのも久々に書いたのでいい刺激になりました。
現在は学校でssとか今日朝載せたすごく短い小説とか書いてたりします。楽しいです。
ただやっぱり手書きだと漢字とかわからなく、自分の語学力、漢字の書けなさには頭を抱えます。

それでサイネリアを初めて書いていたわけですが、どんなしゃべり方だったかいまいち…。
何か途中でデだとかスだとかカタカナをつけていた気がするのですが。
それを無視して普通に書いてしまおうかな。
とりあえず次のアイマスssはサイネリア、誰得?俺得ですもちろんはい!

それじゃ今日はこの辺で。
それでは。

日記 |


2010/01/13 (Wed) 最後のとき

誰もしゃべらない教室で、ずっと二人でしゃべっていた。
いつまでもいつまでもあきもせず、バカの一つ覚えのように。
いけないことだとわかってはいる、でも実は、本当はわかっていなかったのかもしれない。
それでもしゃべり続けていたのはお互いに気づいていたからかもわからない。
もう終わりだから。
もう最後だから。
もう、ないから。
二度とこの教室でしゃべることはなさそうだから。
だから、しゃべり続けた。
しばらくしゃべり続けていたら、次第に他の人もしゃべり出した。
私たちとと同じように。気づいたのかもしれない、もうくることのない瞬間を。
みんな気づいたのだろう、誰も彼も。
だから、先生も静かに穏やかな眼を私たちに向けているのだろう。

自作小説 |


2010/01/12 (Tue) 伊織さん、出陣。

ss↓

自作小説 | comment(0) |


2010/01/12 (Tue) ちょっと寝すぎてソラノオト最初のほう見れなかった…。

鬱で死にたい流ぬこです。あとで動画サイトで見よう…。
そんなわけでいきなり二話の感想でも。最初のほうはわからないから勘弁してください。
見始めたのがツンデレのリオさん大好きのロリっ子が主人公をいろいろ案内してるところくらいからです。
よくはわかりませんが、リオさんが主人公にいろいろ教えてたりしてそれが嫉妬となってちょっと口調がきつくなったのかと、恐らくそうだろうと思います。
まあそんな予想は置いといて、今回は若干中身がない感じ、いや小隊の中での触れ合いで打ち解ける様を見せたかったのかな。んー微妙だ。でもやっぱり好きですね。
まあこれで小隊の中でも楽しくやっていけるだろうな、と思える雰囲気にはなったと思うので次回からはどうするのか楽しみです。以上。

中身がないとか…この記事書いてるやつに言われたくないでしょうな。自分で見て笑った。
あまりにも感想の中身がないということで、昨日書けなかったアイマスを書こう。
あー伊織のフィギュア欲しい…。
そいじゃ、まずこいつを見てくれ。
画像 006画像 007画像 008
画像 009画像 010ヴァイ!画像 013
これが例のヴァイスシュヴァルツのサプライセットです。
左上二つが外箱で、後が中身です。左下が入っていたもの全部です。
一番右下がクライマックスカードと書く持ち曲にシャケ絵が書かれている三人のカードです。
その左隣がボックスで、6パック入り。
カードホルダーは愛ちゃんの後ろに何枚かある写真が好きだったので、UPにしてみました。
伊織のss書こう。

自分はまさかこんな外箱がついてくるとは思っていなかったので見たときは思わずおおっとうなってしまいました。
どうせなら765の時もこうしてくれればよかったのに…。

そしてまた話は変わりまして今しがた終わったアニソンぷらす、ですが。
かねともさんと画伯がカオスすぎる。画伯ははじめてみたけど、なんとも破天荒いやいや、天真爛漫な方なんですね。
それに負けず劣らず天然を発揮するかねともさん。包丁セーブはGJすぎる判断でした。
正直、会話という会話をしてなかった気がするけど、なにか通じ合えるものがあったのでしょう。
きっと常人や凡人には到底わからぬのでしょう。マジふるえてきやがったです…。
でも笑えた、かなり笑えました。次を期待しましょう。次はもう包丁もいける!

くそっ!あと三時間しか寝れないじゃないか。俺はそんなに丈夫じゃないんだ。
気にしない方向でいこう。それじゃ今日はこの辺で。
それでは。

拍手ね、されるとうれしいです。ありがとうございます。

アイドルマスター |


2010/01/11 (Mon) たまには日が変わらぬうちに更新をば。

どうも、一人心の中で実績1万解除を友達の方より早く解除しようと思ってたら先に解除されていた、なんていうオチを綺麗につけた流ぬこです。悔しい…でもかんじtry

なんだかんだで明日はもうソラノオト第二話ですね。楽しみです。
絵が絵ですから受け入れやすいっていう俺のゆとり心もあるわけですが、世界観は好みです。
戦争が終結してる、けど小隊なんてものがある。いや、大好き。
まあ冬休みも終わって学校にいくのもあと二週間程度しかないそうですが、それでもだらだら生きましょう。
アニメとか見て、ゲームやって、バイトして。お金できたら、アイマス買って。他にも好きなCDとか買ったりグッズとかね。ほーら、幸せそうでしょう?
あと、好きな缶コーヒー飲んだり、また見つけたりするのも好きですね。人から聞いたのではなくて、自ら飲んでみたすごく美味しいと得した気分になるアレです。
お気に入りの缶コーヒー、探してみてくださいね?

それはそうと、どれはどうと。友達様がですね「ブシロードのライブ行かない?」、…、もとい「い か な い か ?」と行ってきたのでチケットが取れたら行こうと思っています。
取れますかね、友達いわく「恐らく当たるよ」というわけですよ。当たるんですかねー。
そのライブで歌う人たちがまあ、こちら。
ブシロードカードゲームLIVE2010
それのアーティスト一覧です。ELISAさんやいとうかなこさん、Suaraさんなど自分でも知っているような人が多くいます。
自分的にはいとうかなこさんが、スカイクラッドでも歌わないかなーと思ってるんですけど、一応ブシロード企画なので多分カオヘのなにかしらの曲を歌うのではないかと思います。
あくまで多分なんですけど。

そしてアイマス、と生きたいところですがそれはまた明日ということで。
というか書き始めたのが九時半くらいなのに、もう三時ってどういうことでしょうね?
今日は本当にいろいろやりながらだったからこんなことに、まあ普段どおりだからいいですけど。
ともかく今日はこの辺で。
それでは。

キケン ガ アブナイ ! |


2010/01/10 (Sun) タイトルなんて飾りです。

そう思っていた時期が僕にもありました。
というかありました。なきゃ困ります。
流ぬこです。流ぬこです。大事なことではないですが、二回言いました。
久々にヘイローをやったけどぜんぜんひどかった。以上。

缶コーヒーまじうめーんですけど。
ジョージアのヴィンテージはそこそこうまいと思う。あの青いのよりぜんぜん好き。
ブルーマウンテンは嫌いな部類です。そもそもジョージアがあまり得意じゃない。
ファイアが一番好きですかね。挽き立て微糖の美味しさは普遍。それがいい。
ワンダモーニングショットも美味しいですし、ボスカフェオレとかもいいですかね。
最近はあまり新商品に手を出していませんが、ファーストクラスなんかは思ったよりも甘くなくてよかったです。

久保くんが最高です。いやマジで。
なんか囁いたんです、オレの魂が。
まあたわ言なんで無視してください。
それじゃ今日はこの辺で。
それでは。

日記 |


2010/01/08 (Fri) 流ぬこです、流ぬこです。宣伝中です。

どうもおはこんばんわ流ぬこです。
日が早いものでもう五時です。クラナドをプレイしてたらこんな時間に…。
仕方ない、面白かったから仕方ない。

それでクラナドの感想でも、と思ったのですがそれは各キャラのシナリオを見てからにします。
あと二人なのでがんばります。ちなみに、智代と春原です。

今日は、今日の一時半にやっていたひだまりスケッチ☆☆☆の感想でも。
無印、360、じゃなくて365もぼちぼち見てたので見ようと思って今日見たんですが面白かったです。
何度も言いますがゆる系や中身がないアニメとか楽しめる人間なので、むしろ好きな部類なのでよかったです。
結構早いペースでいくな、と思いましたけどそこがひだまりらしいかなと思ったり。声出して笑ったアニメは久々でした。
やっぱり宮子が可愛い、けどゆのっちもさえさんもヒロさんも可愛らしくて、今回からは新キャラまでご登場と豪華絢爛です。吉野屋先生も相変わらずでしたし。

ということで、自分的にはこれからも見ていきたいと思えるアニメです。
ソラノオトに関しては次を見ないと掴めないってこともあり見るから、ちょっとニュアンスが違いますかね。
バカテスに至ってはすっかり忘れていて見ていない始末ですが、友達に聞いたところあまり…ということだったので、気が向いたら一話を見ようと思います。俺もあれはラノベでいい気がします。
これは偏見といいますか、あれはラノベだからこそ評価されているのではないかと思っています。
読んだことないのでわかりませんけど、ああやめてー!私を責めないデー!

アニメの話はこれくらいで、次は恒例箱○ちゃんの実績でも。
MW2のベテランをキャンペーンでこつこつとクリアしています。
テイクダウンがまじで辛かった…あれは鬼。現在はエクソタシス?だかまでやりました。
個人的にクリフハンガーまでは誰でもいけると思いますが、やっぱりテイクダウンで諦める人も多いのでは。
スズメバチの巣は割かし簡単ですけど、やっぱりテイクダウンが辛いと思います。
なんせ味方がいなくて、完全に一人ですからフォローも何もないのです。あれは本当に辛かった。
一つチェックポイントが異様に長いところがあるんです、距離的にはそう遠くないんですけどわんさか敵が出てくるんです。しかもそいつら上にいて結構動くのでもう横の建物の屋上にはいないなとか油断してるとそこに移動してきて銃撃ってきたりグレ投げてきたり、しまいにはRPG撃ってきたりと本当に鬼畜。
だからテイクダウンさえクリしてしまえば、エクソタシス?までは余裕だと思います。
特にクリフハンガー、ベテランで一回しか死にませんでした。あそこほど簡単なのはないでしょう。
ただ収容所と未決事項だかが俺的には難関だなと思っています。とくに未決事項。
あれ守りきれないだろうと、絶対無理だろうと、誰得だと。
いざとなったらハードでやって90の実績だけでも取ろう…。

おいMW2なげぇーよ。箱○持ってない人でこのブログ見に来てくれる人に迷惑だろうがすいません。
そんなこといったらアニメに興味ない人にとっては上記のほうがいらねーよと。
…仕方ないね。人間だもの。
それじゃ今日はこの辺で。
それでは。

ひだまりオブデューティー
このスペシャルオプスをベテランでクリアすると☆☆☆

日記 |


2010/01/07 (Thu) 四時はセーフ、五時からは寝不足タイム。

そう思います、管理人です。
お気づきの人は少ないと思いますが名前を変えました。
流猫の放浪なのに名前はまったく流れてないので、これからは「流ぬこ」でいきます。
読み方はご自由に、るぬこでもりゅうぬこでもこのファッキンジャップ!でもいいですお。

小説を書きたいなーと思っているのですが、ダメな自分は書こうとしない。
この二律背反をどうにかしてほしい。書きたいのに書かないとか、頭に氏金時がわいてますね。
ここの投稿用にも書きたいんですけど、本格的に書きたいと思ってるんです。
ワードを開いて書けばいい、それだけなのに箱○とかに手を出して書かない。だめだー。
設定とか考えてみたら違うのかな…。うーん、いろいろ試してみよう。

そんなわけでいきなり弱音というか自分勝手な愚痴が入りましたすいません。
小説のほうは自分でどうにかします、というかしなきゃならん。だから一旦置いといて。
今日も友達が来ましてヘイローをやりにきました、よくもまぁ飽きないもんだなーと思う次第です。
自分はドリクラとかカオヘとかやりたいなーと思ってるんですけどね、買ってくれませんかね?友達。
うん、自分で買おう。

それでいきなり話が変わるのですが、何となく遊戯王の劇場版が見たいですね。
なんだかわからないけどそんな気持ちがふつふつと、体の奥から…。
たんに遊戯がみたいだけかもしれないですけどね~。久々にあのチートデュエルでも見ておお~とか思いたいです。
さらに話は変わり、やっぱりソラノオトが気になります。
今期はみたいのないなーとか思っていましたが、これとひだまりは見たいですね。
ひだまりは…ああ、今日ですねー。誰か一緒に見ましょう。うちに来てください、御もてなしします。
ええ?なにかされそうでこわいって?大丈夫です。
ヘタレ、ですから。
女の人にも、もちろん男の人にも手なんかだしません。まあ、猫だったら死ぬほど可愛がります。ぬこー。

んーまた結構長くなってしまった。クラナドのシナリオを二つほどクリアしたのでその感想でもと思っていたのですがまた明日にしましょう。
それじゃ今日はこの辺で。
それでは。

日記 |


2010/01/06 (Wed) またもやこんな時間になりましたががんばっていきまっしょい!

はい、そんなわけでまともな健康状態でブログを更新してなかった、ぶっちゃけるとただの寝不足ですが、今日も今日とて寝不足です。
管理人です、どうもみなさん。
口内炎が出来たら、祖母には寝不足だと言われ、友には野菜食えと言われ散々です。
一つが治ったのでうきうきしてたら、もう一つ間髪いれずに出来て未だに口の中が安定しない一週間。
正直ご飯のおいしさが半減するのでさっさと治したい。

だがしかし!治すには寝るのが一番だというのに私ときたらこんな時間までMW2。
最近深夜までやるのが基本になりつつあるのが怖い。いけんよ、坊主…。
前は四時とかまでならありましたけどね、最近五時過ぎとか余裕です。まずいです。
箱○二代目の調子がいいから仕方ないのだ。うむ。

そんなわけで、MW2のキャンペーンを無事クリアしました。当然ノーマルです。
偶発性とかからプレイし始めて最後まで、何度も死にましたけどやつを倒すことに成功しました。
物語としましても、最後あたりは好きですね。前作やってないので全部の物語の道筋がわかるわけではないですが。
後半は箱○綺麗だなーとか思いながらプレイしてたので油断して殺されることも多々あったりしたのは気のせいです。

そんなこんなでここまでMW2をやってきたわけですが、普通に楽しいです。
最近はドミネーションとかやったりしてさらに楽しさがわかった気がするんです。
まあサボタージュもやりたいんですけど抜ける人が多くて嫌な感じです。
とりあえずこれからヘイロー並びにMW2、総じてFPSでもがんばっていきたいです。

アーマードコア4詰まったお!
やっぱり無理だ…やる気もしないし、ミッションもクリアできない…。
機体改造しようにもお金がない、稼ごうにもミッションがクリアできない。八方塞とはまさにこのこと。
積みゲーではなく詰みゲーになるとは思わなかった、しかもこんな序盤で。
僕には無理だ…。

今日はちょい長めでいきますよ。
報告し忘れていたので一応ここで。
だいぶ前のお話になりますが、ぷちます!がどこにもないんだよ!ちくしょー!なんていう記事を書いたのですが無事にGETしました。
GETしたのも結構前なんですけどね。ちひゃーかわいいよちひゃー。
早く新刊でないかな~ガンスリンガーガールもでないかな~苺ましまろもでないかな~
ネギま、ハヤテ、絶対可憐チルドレンをまともに揃えてない俺がいいます。
ぜっちるに関しては兄貴なんで俺は知りませんがハヤテとねぎまは、まあ欲しいですね。
二つとも3~4巻くらい買ってないんじゃないかな、新しいの。
でもまぁとりあえず一月はアイマス商品がほとんどないので様子見しながら、ね?
…ないのか、不安になってきたからあとで2chでチェックしとこう。

はい、ちょっと今日長いですねすいません!
まともに読んでる人たぶんいないはず、読んでいたらありがとうございます。
それじゃ今日はこの辺で。
それでは。

ゴーストさんディスるとかいい加減にしてよ!

ゲーム類 |


2010/01/04 (Mon) 実績解除がつぼにくる。

ただアーマードコアの実績は解除できる気がしない。
とりあえずキャンペーン的なのはクリアしたいですけど。
あとはぼちぼちヘイローのなにかしらを解除したいですね、さっきようやくMVPの実績解除しました。
なんだかんだで初めてチームスレイヤーをやったのですが、なんか+23だった。
なんでしょうね、このきまずい感じは。ソーシャルスレイヤーばっかやってた結果がこれだよ!
ただレーザーでダブルキルとかできる気がしませんね。
どうしましょうね。ヘイローの実績はこれ以上は無理かもわからんですね。
やっぱり自分はソーシャルスレイヤーが一番好きです。

そういえば、一応未定の続きを書いてみました。
これからは旅をする方針で行こうか、旅の途中でまた喫茶店にでも入ろうか、悩んでいます。
でもとりあえずこの二人は旅に出たということだけは伝えたかったので、最初はバイクを降りて休んでいる感じです。
それで発進と。ちゃんとつかまってないと振り落とされるゼ!みたいな?
ともかく、今後も書いていきたいと思っているので何卒、お願いいたします。

それじゃ今日はこの辺で。
それでは。

日記 |


2010/01/04 (Mon) MW2よりヘイローのほうが好き。

多分。好み的にはヘイローのほうがいいですね。
MW2の即死感もいいとは思うのですが、やっぱりがっつりシールド削ってヘッドショットがいいですね。
MW2にもヘッドショットあるんですけどつらいんですよ、つらいんですよ。
とりあえず精進します。

ちょっと疲れたんでこれだけで。
それでは。

ゲーム類 |


2010/01/03 (Sun) もうヘイローなんてしないなんてーいわないよ絶対。

友達が来るたびに戦争に駆り立てられる私です。
大晦日にヘイローをし、三が日にヘイローをし、MW2を完全に放置している私です。
ヘイロー以外の箱○ゲームを最近していない管理人です。
そんなんでいいのかい?いいんじゃね!
まあソーシャルスレイヤーしかしないバランスブレイカーですけどね、階級ってなんです?おいしいです?
最近は友達がよくくるのでその友達とやってることが多いですが、前はずっと一人でソーシャルスレイヤーやってましたんで。と、友達いないわけじゃないんだからねっ!
いるもん、三人くらい。いや、四人くらい。

同情した目で見ないで!ヤメテ!
みなさんもヘイローやるときには冷静にね!
それでは。

日記 |


| TOP | next >>

プロフィール

流ぬこ

Author:流ぬこ
自個偽無、候。
書いたり書いたりしている流ぬこです。
ピクシブなんかでも同じく流ぬこで書いています。
はじめの一歩を見るとオズマ戦でも小橋戦でもどの戦いでも泣けます。はい。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。