上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
常に「漫画とか小説とかで起こる非現実起こらないかな」と日々を妄想、というか夢想しながら生きているからそういうものが起こったときいち早く対応できることだろうと自負していました。ですが今日の出来事で近しいものほど忘れてしまうのだと。
歯医者の帰りに最近お気に入りの納豆がうちの冷蔵庫にはもう貯蔵されていなかったため買いに行ったのですが、ここまでは普通の買い物なんら変わることない日常でした。納豆と前からお気に入りの缶コーヒーを久々に手に持ってレジに並んでちょっとして自分の番で。
ちなみにまいばすけっと!というイオン系列のスーパーなんですが面接時に顔しか見てないでしょうばりに綺麗どころだったり可愛い人が多い、全国でそうかは知りませんがともかくうちの近くのまいばすけっとは若い女性は皆さん綺麗ないしは可愛い人です。
今日のレジの人はマスクをしていて顔の全体は見れませんでしたが目元が整っていて綺麗なんだろうなと思わせてくれる人でして、やっぱり顔で選んでる部分もあるなとまいばすけっとの面接のしかたにある種の確信をもっていたところ起きました。
袋に入れられた商品を腕にかけ空中浮遊させていた右手でおつりを待っていると、いくらのお返しでという声と共におつりを渡された。至って普通なんです、今文字で表している限りは。その文章にこの文字を着けましょう。

まるで握手でもするかのようにがっつり手を握られて。

それまでなんとなく空中を彷徨っていた手は急激に自分はここにいなきゃいけないという強迫観念に襲われたかのようにがっちり無の空中に固定されました。お前の居場所はそこだと、逃げ場はないと言わんばかりに。
普通ならば手のひらに小銭を持った指が当たることくらいだろうし、もっと言えば触れない位置で小銭を落としたりすることのほうが多いのに、何故かその人は大ファンだった人と会えて感動のあまり握手をせがんでしまったかのようにお釣りを渡してくれました。
普通なら、ここでいう普通は今のアニメ文化、オタク文化に慣れ親しんだという普通、フラグ立ったんじゃね?とかなにこれエロゲ?とか極端な話俺とこの人との恋が唐突に始まる!的な思考をすると思います。自分に関しては常日頃からそんなこと起きないかなと切望しながら生きているのでなおさらそう思うはずだと考えていました。
ですが実際は、新人さんなのかなとありきたりなことを思い普通のトーンで「どうもです」と言って、それだけで店を後にしました。その帰っている途中で、あああれってそういうことと同義なんじゃないか?と思い始めたわけでして。
実のところそう切望していることはフェイクでそう思いながら生きている自分がまるでゲームの主人公みたくてイイ!と思っていたのかもしれません。勿論起きてほしいと思う事だって嘘ではないです。

本当の自分はどちらなのか、それを考えさせてくれる事件でした。とりあえず。
今度は是非レシートにメアドを書いて渡してほしいな、なんて更なる非現実を望んでいます。
スポンサーサイト
2010.11.29 Mon l 日記 l COM(0) l top ▲
タイトル「軍神、戦乙女へ」

今回の絵はこちら。かなブロ
絵のタイトル及び作者:射命丸スナップ001「山頂の休息」、Ze-Nさん
2010.11.28 Sun l 自作小説 l COM(0) l top ▲
2010.11.27 Sat l キケン ガ アブナイ ! l COM(0) l top ▲
未定シリーズを書いていたのが懐かしいですね。
まあ今ぶっちゃけると二人のモチーフはキョンと佐々木です。
元々自分が書く男キャラっていうのはキョンみたいなのばっかりで、佐々木のような女キャラもかなりの頻度で出てきます。なぜなら好きだから。
だからこそ20も書けたと思います。旅に出てからの話は蛇足でしかありませんが、もしかしたらまたあの喫茶店に二人は帰ってくるのかもしれません。年を取っても変わらないと思いますよ、あの二人はね。

最近ピクシブで突発ssを書いているからなのか明確な理由はわかりませんが自分が昔書いたものでTOPに乗っているssや小説に拍手がされていることがあります。
変態と一般と。というこのブログに小説を載せ始めてから最初のほうに書いた作品があるのですがいつの間にか3拍手も頂いていました。なにより驚いたのはあんな昔の作品を読んでくれたことですね。
ただ何となくこのブログにきて5件くらい記事が表示されてその中の作品を読んで拍手というのはあると思います。勿論それには意志があって読んでくれたというのもあるとは思いますがそれよりも。
昔の作品、このブログのTOPにまとめてある作品の中からその一つを選んでいただき読んでくれたのがすごく胸が熱くなりました。なんというか、読もうというその読み手の意志が書いた自分にダイレクトに伝わってくるようで本当に嬉しかったからです。
読んでくれて更に拍手をしてくれまして本当にありがとうございます。

昔は拍手があるのが珍しく自分にとって一大イベントで、コメントがあればお祭り騒ぎ。正直それ目当てで書いたものも中には数作品あります。ですが今時分が書くに当たって、あまりそうならないように気をつけています。
勿論読ませた後で拍手やコメントを書かせてしまう、と変ですがそれほどの作品を書くことも大切だと思いますがやっぱり何度も自分で、このブログで言っているように自分が好きであるものを書く。これを常に忘れずに何かを書いていきたいと思います。

そういえば今日久々に度肝を抜かれた、いえ。小説を読んでいて初めてと言っていいほど呆然とした作品を読みました。バスの中で読んでいたこと、つまり片手間に、音楽を聴きながら読んでいたこと、つまり片手間に、それを久々に後悔した小説に出会えました。
感想は言うならば、呆気に取られる、でしょうか。
心の底からこの時代、数億冊ある本の中から数千冊のライトノベルの中からこの小説を手に取れて良かったと思いました。あまりにも淡々と、あまりにも神々しく、あまりにもかけ離れていて。それまでのちっぽけな悩みとか不安を忘れて、呆気に取られました。
小説のタイトルは「アムリタ」
この「アムリタ」を読む前の小説のあとがきでこう書かれていました。
「すごい小説には二つあって、一つはその読み手にその道に行かせるほどの影響を及ぼすもの、もう一つは読み手に完膚なきまで為すすべなしに打ちひしがさせてしまうほどのものがある」と。
前者の小説、自分に当てはめるのなら前者は間違いなく「ダブルブリッド」です。ですが後者、と言われてもそのあとがきを読んだ次点ではありませんでした。ですが今日読み終わった「アムリタ」、これが今日から自分の後者の小説です。
「ダブルブリッド」はこんなものを書いてみたいと【希望】を持たせてくれて
「アムリタ」は絶対にこんなものは書けないという【絶望】を持たせてくれた
その【希望】と【絶望】の境界線はひどく曖昧ででも絶対に交わらない。
書いてみたいから書こうと思うものと、書きたいけど書くことが出来ないもの。
そんな支離滅裂なこの文章から、感じてください。それほどに小説、文章、文字とは人の人生に影響を与えることが出来るすごいものであると。いい意味でも悪い意味でも。
ともかく、好きな小説はなんですかと?聞かれたら間違いなくこの「ダブルブリッド」と「アムリタ」は言いますね。勿論面接のときは「檸檬」ですけど。
それでは。
2010.11.26 Fri l キケン ガ アブナイ ! l COM(0) l top ▲
またもやピクシブからいきなり突撃ss製作。
今回の絵はこちら。
冬は色が少ないから好き 作者:ひとつ

タイトル「冬は色が少ないから好き」、作者はひとつさんです。
白と黒のシンプルな絵に心引かれて書きました。

2010.11.25 Thu l 自作小説 l COM(1) l top ▲
小説というより、詩みたいものです。
2010.11.24 Wed l 自作小説 l COM(0) l top ▲
なんとも言えない、けれど買ってしまった(字余り)
買ってから気づきましたけどオプス18以上なんですね。もう19だから関係ないですが。
友達曰く「昔のデューティに戻ったみたい」と。
確かに装備がイメージ的にはすこし古いものが見受けられた気がしました。
武器とかあんまりわからないですけどね。ACRがなくなっていたのは寂しかった。
あとラッパがフルオートになっていたのも寂しいですね。サブの武器にマシンビストル系がなかったり。
キャンペーンは暇があればやりたいと思います。

小説も順調に読み崩しています。とは言ってもまだまだ氷山の一角を、ですが。
でも小説、それも自分でいいなって思える小説に出会えたとき無性に自分でも書きたくなります。
きっとその時書く小説は読んだものに影響しているとは思いますがそれでもいいと思います。
今の自分には書くことが大切。それが楽しみになっていることもしばしばあります。
だから書くことがずっと楽しいと思えるような人生を送りたいですね。いや、送ろう。
その中で趣味で書くもの、応募するものわけ隔てなく自分の納得のいく、自分で好きになれるものになっていたらなぁとか思ったり思わなかったりです。

それとピクシブのほうから絵をお借りさせていただいているぼんじりさんの絵のほうからここに飛べるようにしてくださいました。ありがとうございます。
何人見てくれるかはわかりませんが、お読みいただければうれしいです。
ぼんじりさん、これからも素敵な絵を描いてください。同じかくでも少し違いますが応援していますので。

そしてついに緑虫さんのほうもですね、TF-IDOLのほうを書き始めていることのようなのでご期待ください。というかもう一話が緑虫さんのブログのほうに載せられているので見てくださいね。
そんなわけで自分も何か書こう。うん、そうしよう。それじゃー。
2010.11.22 Mon l キケン ガ アブナイ ! l COM(0) l top ▲
ステキな作品を見て勝手にss書いちゃう大作戦。また公開の許可をもらったので公開します。
元ネタは東方陰陽鉄なので、東方キャラクターとブロントさんがでてきます。ご了承ください。
タイトル「またね」

元のネタとなった絵の作者さまのぼんじりさんの許可を頂いたのでピクシブからその絵をもらい文章の途中に入れて再投稿しました。
挿絵 ぼんじり様からお借りしました
絵のタイトルが「「…また一人ぼっちに戻るのかー…」」、作者はぼんじりさんです。


2010.11.20 Sat l 自作小説 l COM(0) l top ▲
どっちかというと朝出て夕方とかそれくらいに帰りたい。
今の目標はきっとそれですね。

昨日更新したやつですがまた例の如く急に人に聞いて許可を頂く突撃!隣の晩御飯的なノリでやりました。
ですが快く許可をいただきお蔵入りすることがなくよかったです。
いや本当にそうです。書いたものが日の目を見ることなくというのはとても悲しい。
これからもですねちょくちょくこういったことを突発的にやると思います。
次はアナタに突撃するかもしれませんよ?

そんなわけで最近は小説を一日一冊のペースで読んでいますね。
ようやくたまりに溜まった小説達を読むことが出来て本当によかったなぁと思います。
いろいろ感想でも述べていきたいのですが、ちょいと眠いのでまた暇なときにでもそうさせてください。
はい、それじゃ皆さん寒いですが風邪を引かないようにがんばっていきましょう。
2010.11.18 Thu l 日記 l COM(0) l top ▲
やっぱり長時間立っているのと腰が痛いですね。
何ともいえない鈍痛がじりじりくるようで、それがなければすごく世界が変わりそうです。
何か自分は鈍痛と言うものに常に悩まされているように感じます。
頭、腰は特に鈍痛とは切っても切れない関係ですねはい。
うーん、なくならないかなぁ。

小説はまたまたぽっとでのネタができましたが、まったくといって良いほどまとまらない。
まとめる能力があまりないんですかね。
確かに設定とか考えてからss書くことはほとんどないから、そういうのもやっていかないとですね。
何事も奥が深く、その最深部に辿り付く事は難しいのでしょうね。
でもなりたいなぁ、というところでお開きです。
2010.11.16 Tue l 日記 l COM(0) l top ▲
一つ終わったら壊滅状態とかちょとsyれにならんしょ・・・。
めげないし負けないけどねテヘペロッ!
いろいろまた出会いの場が増えると思って電話しよう。
違った経験が出来るとか綺麗に考えつつはりきって頑張らない程度に頑張ろう。


月の輪Pさん、コタエへのコメントどうもでした。
確かに伊織はプロデュースできませんけど、自分の書く物の中でならまたいつかと思っています。
涙を見せる場面で萌えるってのはびっくりですね、自分なんか自分で書いてて涙目だったからまったくそういう風に思えなくて、でもよく考えるとそう見える部分もあるのかもしれないですね。
コメントはありがたかったです、ですがこちらがコメントしたからということでならお気になさらないでください。つまらないならつまらないでいいし、コメントしたくないのならそれでいいと思っています。ですが少しでも心動いてなんかコメントしたいなぁって思った時くらいでいいと思っています。せっかくコメントしてくださったのにケチをつけるような言いようですいません。
ですがお読みいただけたこと、それは本当にうれしいです。ありがとうございました。

こんな時間から書けるのは楽で幸せだけど人生のうち何年間くらいはあくせくしながらへとへとになりながらボロボロになるまで身体を動かしてみたいですね。
それ以降は廃人のように休みたい、遊びたいけれど。
2010.11.13 Sat l 日記 l COM(0) l top ▲
こんなものを書くつもりではなかったのですが…。
過激な表現がいくつかあります。グロ表現も多少あります。道徳的にも反しています。
それらが苦手な方はお読みにならないようにお願いいたします。
「慣れ狂った日常」
2010.11.12 Fri l 自作小説 l COM(0) l top ▲
ほとんどが日記でたまにssを書いたりするこのブログですが何故かランキング的には「ゲーム」になっております。元のアイマスがゲームだから、だったのですが最近ではアイマス関連の記事もめっきり少なくなり果たしてこれでいいのか、という状況でございます。

続行!こまけぇこたぁーいいのである。
しかし、このブログ。どうやって人の足を運ばせているのだろうか。ss関連で来てるなら嬉しいけど、やっぱりアイマスってのが大きいのですかね。たまに大きなライブとかいってるからそこからなのかな。
うーん、謎である。よく皆さんがやっているアクセス解析、こういうときは便利ですよね。記事のネタにもなるし。
今度一週間だけつけてみようかな。試験的に。

何の試験だよおいってツッコミをしたあなた、と何いきなり自分でツッコンでるわけ?と思ったあなた!
特に何でもありません。
そういえばユニクロさんで1500円のフリースを買いましたが存外暖かいですね。ただ真っ白だからラーメンとか食べてると心が落ち着きません。今度は茶色とかそういうのを買いたいですね。
そしてssですが、竜宮小町に関してはまだまだなので他のアイドルとか、下手したらまったくアイマスと関係ないssとかこれから書いていくと思いますが読んでいただければありがたいです。
自分もこれから少しずつ誰かのss、動画をゆっくりと見て遊ぶかのようにしていきたいと思います。
そういえば月の輪さんのssなんかしらみて鍋が食いたいと思った、とコメントしてないですね。
いまからちょっとしてきますね。またssが上がってるかもしれません、この日記は読まなくても読んでもというスタンスなのでお気になさらずに。
2010.11.11 Thu l 日記 l COM(0) l top ▲
ガルシアPさんの動画を見ました。その動画は青春m@sterという小六さんの発案からなった企画に投稿されたものだそうです。
はっきり言うと最初は音だけが気になったので見ようと、それだけでした。
だから冒頭の部分も飛ばして、見始めたのは三十秒くらいのところからでした。
ですがそのまま、かみ締めるように最後までその動画を見終えていました。
曲が盛り上がり、文章にも力が篭るところ、曲で言えば大サビで涙目にさえなりました。
小説だけでは感じ取れないものをこの動画で感じられた気がします。
書いてある文章はきっと自分でも、誰にでも真似が出来ます。ですが曲と共にガルシアPさんの書きたいもの、思いが文字の端々で見受けられました。
二回目、冷静になったところで見ればいくつかそれでいいのかと疑問に思うところ。
一回目で見れることなんて書き手が一番大げさに見せたいものだけなんだなって痛感しました。
でもやっぱり、この動画は見てよかったと思わさせてくれるものでした。

自分はまだまだなんですね。少し浮かれていたのかもしれません。
うん、これからは本当の自分が思う良い意味で書き者として成長していきたいですね。
2010.11.11 Thu l キケン ガ アブナイ ! l COM(0) l top ▲
自分で書いた伊織のss全17作品を読み返してみました。
電波受信の1の極短自家発電ssから、9,18事件をも巻き込む16と17。いや巻き込まれたというほうがいいでしょうか。
短い作品数でしたがいろいろ変わっているものですね。
地の文が最初はなくて会話だけで進行していくもの、いきなり別ページのリンクに飛ぶ最近の話、二歳も年を取り高校生になった伊織、今よりも有能そうでないプロデューサー、公式部分も取り入れていたはずの最初の頃、何故か最後に入る自分の一文。
変わってないのは伊織の可愛さくらいじゃないでしょうか。
そして他のアイドル達の話の数と圧倒的に違うことから、自分は伊織が好きなのかということ。
多分NO。誰もが認めそう認識している公式アイドルマスターの中でなら自分はみんなことが好き。一番とかはあまり考えたことがなくそれでいいと思っています。
ですがこのブログにおける、自分のオリジナル要素の伊織は多分一番好き。ツンデレというだけじゃない、クーデレよりな伊織は大好きです。
だからこそアイドルマスターのssの中でも一番多く書いているということになったんだと思います。
未だにそのアイドルメインで書いたことないアイドル達もいます。それは伊織で全力出しすぎて書けないからなのです。あと公式に忠実にと心がけてるからあんまり筆が進まないというのもありますね。
春香や千早も結構公式から離れているような感じだからちょちょっと書いてあるのかもしれません。

なんでこんなことを書いているのかといいますと、「コタエ」のほうに拍手をしてくださった方がいたので久々にブログ拍手を見ると、今日は4拍手をもらっていました。
あとの3拍手は自分昔に書いたアイドルマスターのssの3作品、一つずつにされていてとても嬉しかったです。
拍手自体も嬉しかったんですか、ちゃんと読んでくれたんだっていうことがわかったことが一番嬉しかったです。
自分の作品を読んでくれたとしても拍車やコメントなどのアクションがない限り自分がそれを読まれていることを知ることはありません。それでもいいと思います。
ですが目に見える形で読んでくれた証拠がそこにあるのは素直に嬉しかったです。
どこのどなたかはわかりませんしTOPからなのか直接検索サイトから来ていただいたかはわかりません、ですが自分の作品をお読みになって頂いて本当にありがとうございます。
もちろん久々に書いた伊織ssの拍手も嬉しかったです。コメントがなくても読んだよ、ということだけでも書き者としてはとても嬉しいです。

こんなに真面目なのは本当に嬉しいからなのです。
でもどんなときでもギャグやおちゃらけ精神を忘れたくはないだからこそあえて言おう!
俺はいおみきよりも、みきりつ派だと!
…ふぅ。結構前から言ってる気もするけど改めてね。
自分もこれからは読んだものには何かしらの形を残すことにしよう。
そういう風に考えさせてくれた拍手の方、ありがとうございます。
それでまだあるんですが、ここからは伊織ssについてでも。
なんか今回の「コタエ」以降どうしていこうかという感じで話すのでここまでの人は続きはお読みにならずお風呂に入り歯を磨いてブリッジをした後でおやすみください。
2010.11.09 Tue l 日記 l COM(0) l top ▲
一方がそう思うとき、もう一方もまたそう思っていることは多い。
2010.11.09 Tue l 自作小説 l COM(1) l top ▲
きっと今頃緑虫さんは苦労なされているのだろう。自分の意見や質問に律儀に答えつつきっと内心では必死にどうするかを構築しているのだろう。
ああ緑虫さんごめんなさいそしてがんばって!

このブログはTF-IDOL(タスクフォースアイドル)を応援します!

自分も書いてみたいねぇ、銃とか持って生殺与奪、自分のあり方について揺れ動く戦場に舞う可憐な戦士(アイドル)達を…。
ただ銃やらに詳しくないからその方面のリアリティが書けないのです。
銃の知識もハンドガン、ショットガン、アサルト、スナイパーなんかの大別的な種類しかわからないし。
いっそ生々しい銃戦争の中をアイドル達に跋扈させたら面白いとも思うけどそれをやるなら尚のこと銃や戦争における知識なんかが欲しいですね。
そんなわけで

このブログでは緑虫さんがいまストーリー構築中のTF-IDOLを超応援しています!

ちなみにトリスケリオンさん主催の一枚絵で書いてみm@sterも今月半ばくらいに再開する予定っぽいので気になる方はこのブログのTOPにある企画概要のページに飛んでね!

そう自分のことなどどうでもいいのだ、宣伝をしよう。
そして宣伝した分だけお金が、ふふふ。
えっ?アフリエイトしてないとダメ?…ハハハ。
そんな小粋なジョークは置いといて、どちらもステキな小説、企画になると思うので奮ってご参加なりお読みになるなりしてください。
自分は、ふとした瞬間に掘り当てたわずかな鉱脈を突貫工事で修復しようとするもすぐに落盤してしまうような脳なのでそのうちですね。
そんなわけで今日のところはこんなもので。
2010.11.08 Mon l キケン ガ アブナイ ! l COM(0) l top ▲
オムライスができたヨ、やったねたえちゃん!
自分オリジナルのオムライス、卵の皮厚めソース多目のオムライスが完成しました。
自分の分は作ってないけどね。家族に毒見をしてもらったところ初心者にしてはやるじゃんなんてね。
これで炒飯に続きレパートリーにオムライスが追加された。一人暮らしに向けてばっちりである。
次はご飯だけじゃなくてハムとか切り刻んで入れても美味しそうですね。
とりあえず簡単に作れるものはぱぱっと作れるくらいにはなりましょう。
そう自分はやれば出来る子。いける!いけるよ!

それとは別に久方ぶりにけいおん!二期を見始めて先ほどようやく終わりました。
やはり卒業というものは感慨深く、学園物のフィナーレにはもってこいのシチュエーションですよね。
自分はあんまり学園物とか書いたこと、というか書けないと思いますがこれからは書いてみようかなと思います。
なににせよ気楽にだらだら見れるアニメは楽でいいですね。
そういうスタンスでないとすぐに疲れちゃうんですよね。
徹夜で一気にアニメ全話とか今の自分には無理です。ええそれはもう。
次は何のアニメ見ましょうかね。
そいじゃ今日は手短に。
ハムッ!ハフハフッ!ハフゥ!
2010.11.07 Sun l 日記 l COM(0) l top ▲
戦場を駆け抜けるアイドルとか、流行らないわけがない。
俺得であることは確かですね。
デューティのように現実の鉛球が飛び交う戦場でも良いですが、攻殻のような近未来的な戦闘もいいですね。
どっちかというと後者のほうが映えそうですね。
俺妹見てたらあんなに設定考えてるなんて、緑虫さん恐るべし。
自分なんて突発的に書き始めて後付後付で書いてるのに、いいなぁ憧れるなぁ。

憧れつつも今日もCD紹介。
ラストは星井美希ですね。さあ今回はどんな紹介になるのやら。
それではいってみよう。
2010.11.07 Sun l 日記 l COM(0) l top ▲
ですね。
ちなみにCDと一緒にらきすた8巻も買いました。
最後辺りのあのページ稼ぎは露骨でしたね。読んでないですけど。
暇なときでも読もうと思います。
それじゃCDの感想・続、イッテミマショ。
2010.11.06 Sat l キケン ガ アブナイ ! l COM(0) l top ▲
それともあれでしょうか、毎日がんばってるの拍手だったのでしょうか。
今ではいつも通り拍手コメなしの記事と元通りです。
儀礼的な拍手だったとしたらなくてもいいのでこれでいいんです。
本当にいいと思える記事なんてそうそうお目にかかれないものでしょう。
なにせブログの記事は自分が興味のあることをただ連ね書くことが多いのですから。
それだけで評価されるならほんとに楽な人生でしょうよ。

そんなことはどうでもいい。重要なことじゃない。
久々にアイドルマスターについて書きましょう。
まあネタバレといいますかまだアーティスト2のCDを聞いてない人とかにはお見せしないよう追記しましょう。
本当に久々だな、去年が凄すぎたからなのかな。
なにはともあれCDの感想いってみましょう。
2010.11.04 Thu l キケン ガ アブナイ ! l COM(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。