そんな、"if"があっていいと思うのです。妄想の中だけでも別の彼女たちと出会います。
とか思うくらいにかわいいですよね!
アイドルマスターしなくても、絶対彼女たちなら輝ける人生を手にしてると思うのです。
むしろおじさんと出会ってくれると泣いて喜びます(注:おじさんが)
きらめく舞台でまた会える。
現実に会えるのなら、もっともっとよいのですが、とみせかけて。
いつでも会えますよね!同じ世界にいるんですからね!
可能性は0じゃないですよ!!
じゃそのためにも、あらゆるグッズを買わなきゃいけませんね。失礼の無いように。
いやそれこそ失礼にあたるのかも、無償の愛、いやそれもそれで怖い。
難しいですね。でもやってみせますよ。
いつかこの世界のどこかで出会うために!

今日は「もしアイドルマスターのみんながアイドルを目指していなかったら」
という"if"物語(妄想)を書こうと思っていたのですが。
いかんせん、なんか急にふっきれちゃって☆
次か次あたりにでも記事にしようかと思うのです。
それでは今日はこの辺でおさらばです。あぁそれとネギま!24巻おめでとうございます。
嫌いだったりする方もおおいでしょうがおじさんは好きですね。
あそこまでセオリー通りに進んでくれれば、いっそ清々しいと思うのです。
いろいろ急展開もありましたが、それにも慣れてもう急が急ではなく感じますから。
赤松先生、体に気をつけてこれからも漫画を描いてくれることを祈る所存に候。
では本当におやすみなさいませゴルバチョフ!
2008.11.17 Mon l 日記 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://monhan1.blog45.fc2.com/tb.php/131-233d30cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)