--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2008/12/08 (Mon) ある日の風景 その後

その後、村は封鎖された。
不死者になってしまった村人たちは政府により一掃された。

政府の調べでは、ある反政府グループが村に新型ウイルスをまいたとされている。
そのウイルスが今回の村人の変異に繋がるものだったとのこと。
一掃を全て終え立ち去ろうとした政府の軍の一人が山奥に家があることを発見した。
その家を見に行った政府軍の一人がこう云ったという。

子供がいた。
歪で気持ち悪いが、それでいて愛情をいっぱいに受け取った、子供がいた。
腐った肉と、肉と、血でできた子供がいた、と。

肉はその家の主の男性のものだとわかった。
腐った肉はその家の主の男性の彼女のものだとわかった。
血は二人のものだとわかった。



『子供、それが僕たちの愛の証だね』
『そうね、どんな子供でもいっぱいに愛してあげようね』

自作小説 |


| TOP |

プロフィール

流ぬこ

Author:流ぬこ
自個偽無、候。
書いたり書いたりしている流ぬこです。
ピクシブなんかでも同じく流ぬこで書いています。
はじめの一歩を見るとオズマ戦でも小橋戦でもどの戦いでも泣けます。はい。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。