上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
「さて、昨日のことを覚えているかな?」

「いやさっぱりだな」

「肯定するだけでいいんだ」

「そこまで必死になることでもないだろう」

「僕にとっては重要なの。さあ言いなさい」

「ワタシハタトエアナタガタイセツデモ、アナタニタベラレタリシマセン」

「心を込めて」

「俺はお前に食べられたりはしない、絶対に。愛ゆえに」

「えっ!?あっ、うう、ありがと」

ついでに食べたりもしない。
そしてこの可愛さですよ。お持ち帰りしたいですな。

「させないよ」

「尋常じゃなく自分を取り戻すのが早いな」

「褒めてもなにもでないよ?」

「そいつは残念だ」

ちなみにテスト期間中。それすらも重荷にならない俺たちクオリティ。
素敵過ぎる我が人生。ああっ、こんな娘がいたら僕はもう。

「いたら、どうするの?」

なんだその薄ら笑いは。言えないとわかって問いかけてきやがってるな。

「それはともかく、俺は今日のテスト中ずっと考えてた事があるわけだ」

「今考えていた事はスルーなんだね」

クスっと笑ってやがる。ちくしょう憎可愛い。

「言ってほしいなら言うが」

「ううん、遠慮しておくよ。それで?考えてた事って?」

「嘘について考えていた」

「またそれはなんで?」

「なんとなくだが」

「君らしいね」

「そうか?」

そうさ、と言わんばかりに微笑みかけられているわけだ。
なんだろうこれ。ギャルゲ?
いきなり主人公は刺激が強すぎるぜ。

「楽しんでるくせに」

「そうだけど。てか、俺の心理を読み取るってのはもうデフォなのな」

「君だから読めるんだし、読むんだけどね」

「そいつは光栄だ」

「話が進まないね」

「別にいいんじゃないか?」

「それもそうだね。どこか遊びにでもいってしまおうか?」

「テストでしたよね、二人とも」

「そうでしたね、なら勉強会とかはいかがですか?」

「あー、お前とならいいかもな」

「そいつは光栄です」

いつもの喫茶店。違うのはテーブルの上に教科書が二人分広がってるってことだけ。
あとは、あいつがいて、俺がいて、変わらない。
364日が祝い事ってのも、悪くないと思えるな。
2008.12.09 Tue l 小説 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。