--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2008/12/14 (Sun) 予定は未定ってことばがあるよね?

最近聞いた話では十二月はさほど冷え込まない時期らしい。
どちらかといえば、一月二月のほうが寒いらしいのだ。
そう云われてみればそうかも、と思った冬の一日である。

「人の話聞いてる?」

「正直に言おう、聞いてなかったすいません」

その話を教えてくれたのは今話してるこいつだ。
正直な話今も半信半疑だが間違っていて困る事でもないのでよしとする。

「まあいいけどね、それよりもだ」

「そういえば」

「話はまだ僕の番。君の番はあと一時間後くらいにしてくれ」

「ウィムッシュ」

「話というのはテストのことだよ」

あーそうなんですかー、私は受けた記憶がなくて困っちゃって。
おかげでテストの点数なんで全然これっぽっちも…。

「世界史」

「七十六点」

「生物」

「六十八点」

「ここら辺は割りと出来てるよね、君は」

「天才だからな」

「数学Ⅱ」

「三十四点」

「英語」

「二十一点」

「さて天才君」

「すいません」

いいじゃないかテストくらいと思うんだが、どうやらダメらしい。
俺を思ってのことだったらいいな、そうあれかし。

「どうでもいい人のために説教なんてしないよ、僕は」

「それは喜んでもいいのか?」

「それは君の自由さ」

笑顔で云われる。正直たまりません。
高校を卒業してからはまた一段と可愛くなりましたな。
幸せで一杯、気分は上々さ。

「そこまで云われるとさすがに照れるよ」

「云ってないけどな」

「云ってない繋がりで一つ思い出したよ」

「ん?」

「君、数学Bの点数は」

「帰ろうか家に」

「英語の点数でもピクリともしなかった君が急にどうしたんだい?」

ハッハッハ、さっぱりなにを云ってるかわからんな。
今日は帰ったら七面鳥を頬張りつつ餅を食らい死んでゆこう。

「支離滅裂というか、なにを云ってるかさっぱりだよ」

「じゃまた今度ということで」

「今度云ってくれるのなら異論はないけど?」

「善処するよ」

「そういうこと云う人は大抵やらないよね」

「何の話やら」

「あっちょっとまって!こらー!」

さあ逃げろ。明日問い詰められるとわかっていても逃げなきゃいけないときがある。
知らぬが仏、いまほどこの言葉を教えたいと思ったことはない。
明日も、会おう、説教覚悟で。

自作小説 |


| TOP |

プロフィール

流ぬこ

Author:流ぬこ
自個偽無、候。
書いたり書いたりしている流ぬこです。
ピクシブなんかでも同じく流ぬこで書いています。
はじめの一歩を見るとオズマ戦でも小橋戦でもどの戦いでも泣けます。はい。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。