上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
P「今日はカレーだーランランラー」

?「目標、補足」
?「ラジャ」

P「カレーもいいけどシチューもねー」

?「目標までの距離、あと数メートル」
?「ヤー」

P「さてと」

ザッザッザッ

?「!?目標をロストしたよ!」
?「ええっ!?」
?「早く探して!」
?「そんなこといったってー!」

P「お前らの、負けだ」

?・?「「!!」」

P「動けば、撃つ。…なんてな、なにしてるんだ?亜美、真美」

亜美「にーちゃんずるいよー、途中でいなくなるなんて」
真美「そうだよ!聞いてないよ!」

P「まあ言ってないしな」

亜美「そーいうことは事前に言ってくれなきゃ困るよ!ねっ真美」
真美「そーそー、そんなじゃ兄ちゃんもたきのぼりする偉い人になっちゃうよ!」

P「たきのぼり?…ああ、天下りか」

真美「天下り?」
亜美「なにそれ?」

P「大人になればわかるよ、それより一緒にカレー食べるか?」

亜美「ええ!いいの?」

P「作りすぎたしな、二人に食べてもらうと丁度なくなりそうなんだよ」

真美「よーし!それじゃにーちゃんを手伝ってあげちゃおう!」
亜美「うっふっふー、感謝してねーにーちゃん!」

P「ああ、よろしくな」

亜美・真美・P「「「いただきます!」」」

一人で食べるよりみんなで食べたほうがおいしいですよね。
2009.05.17 Sun l 自作小説 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。