--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/05/20 (Wed) 毒を食らわば皿まで

小鳥「…はい、はいわかりました。では失礼します」
小鳥「ふぅ」

P「…マジ最高!」

小鳥「伊織ちゃんのMAのことですか?」

P「うおっ、小鳥さん。いつの間に」

小鳥「先ほどですよ、プロデューサーさんはフタリの記憶でも聴いていたんですか?」

P「あっいえ、ブリリアントステージ 水瀬伊織の画像を見てたんですよ」

小鳥「そちらでしたか」

P「あっそういえば謝罪しなきゃいけないことがあるんですよ」

小鳥「はい?なんです?」

P「ねんどろいど アイドルマスターシリーズ ゴシックプリンセスVer があるじゃないですか」

小鳥「ええ、ライブでの物販でグッドスマイルカンパニーさんから先行で発売されている」

P「それに確か律子、美希、千早、亜美、真のゴシプリVerに小鳥さんもついてくるじゃないですか」

小鳥「緑を基調としたうちの制服を着た私でしたね」

P「それで残念ながら俺、ライブチケットなんだかんだで取れなくて、ローソンでの予約もゴシプリVerだけスカしちゃって」

小鳥「私のフィギュアを獲得できなかった、と」

P「はい…すいません」

小鳥「また素直に謝りますね、それくらいで私が怒っているとでも?」

P「いえ、小鳥さんのフィギュアってそう種類はないじゃないですか」

小鳥「私はアイドルでなく事務員ですからね、あくまで」

P「でも人気はあるじゃないですか」

小鳥「恥ずかしながらも嬉しいですね」

P「今アイドルになってもまったくおかしくないじゃないですか」

小鳥「…プロデューサーさん」

P「はい?」

小鳥「結局言いたいことはなんだったんです?」

P「えっ、えーっと…あれ?なんでしたっけ?」

小鳥「私に聞かれも困りますー…」

P「ま、まああれですよ。小鳥さんはふつくしいってことです」

小鳥「お褒めに預かり光栄ですわ、ふふっ」

事務員とのフラグ、たつのか?

自作小説 |


| TOP |

プロフィール

流ぬこ

Author:流ぬこ
自個偽無、候。
書いたり書いたりしている流ぬこです。
ピクシブなんかでも同じく流ぬこで書いています。
はじめの一歩を見るとオズマ戦でも小橋戦でもどの戦いでも泣けます。はい。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。