上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
千早「すいません、プロデューサー」

P「いいよいいよ、眠いときは寝るに限る」

千早「プロデューサーもそうしてくださいね、夜更かしせずに」

P「うっ」

千早「ふふっ、では少し失礼しますね」

P「はいよ、おやすみ」

――――――――――――――――――

千早「…夢?」
千早「夢なんて、久々」

?「おねえちゃん」

千早「えっ?」

?「僕だよ」

千早「…!?」

?「元気そうでよかった…」

千早「その声は…」

?「あの人がいるからだね。僕、嬉しいよ」

千早「どこ…?どこにいるの!」

?「僕はいつも、」

千早「姿をみせてっ!」

?「おねえちゃんの、」

千早「お願いっ!」

?「―――」

千早「    っ!」

――――――――――――――――――

千早「    っ!」

P「うわっ!」

千早「はあ…はあ…、あれ、プロ、デューサー…?」

P「大丈夫か?すごくうなされていたみたいだけど」

千早「えっ…、私、そんなに」

P「鏡見てみるか?汗がすごいし、顔色も悪い。」

千早「…お見苦しいところを見せてしまいました」

P「馬鹿を言え。見苦しいわけがないだろ」

千早「今でも過去を引きずるなんて…ダメですね」

P「そういった思い出はそうそう簡単に忘れられるもんじゃない。家族ならなお更だ」

千早「…きれいごとですね」

P「それくらいで丁度いいと思うけどな。水持ってくるからな」

そう言ってプロデューサーは足早にどこかへ行った。
下手に慰めない。ただそう思ってることを伝える。やりたいことをする。

千早(そう。この人はそうだ。いつも、そうだったわ。だからこそ私はこの人を)

P「水持ってきたぞ、キンキンに冷やしてみた」

千早「そ、そこまで冷やさなくともいいのでは」

P「さっきまですっごい体熱かったし」

千早「はあ…、って触ったんですか!?」

P「アイドルの危機のときにセクハラ云々でどきまぎしてられないだろう」

千早「あっ、そうですよね。すいません、変な風に言ってしまって」

P「いいよ、千早も無事だし。それで捕まるなら、誇りをもって捕まってやる」

千早「…」

P「とにかく、もう大丈夫そうだな。まだ寝れそうか?」

千早「…」

P「千早?」

千早「えっ?あっ、はい!大丈夫です!」

P「そうか、ならもう少し寝ておいたほうがいいよ。明日は忙しいしな」

千早「えっ、寝るって…」

P「じゃ俺は隣の部屋にいるから、ゆっくりおやすみ」

千早「…はあ」

P「それと」

千早「あっはい」

P「みんながいる。お前は、千早は一人じゃないよ」

千早「えっ…」

P「それじゃ」

プロデューサーの姿はそこで見えなくなった。扉が閉まる。
いまいち頭の整理が追いついていない。夢を見て、起きたらプロデューサーがいて。
徐々に考えもまとまり、落ち着いてくると体がへたり込むように崩れた。
しばらくは立てないだろう。

千早「一人じゃない…」
千早「…うん、私はもう一人じゃない」
千早「だから、安心してね。私はもう」

―「大丈夫か?」―

千早「…大丈夫だから」

あの子には届いているだろうか?
あの人にはまだ届いていないだろうけれど、今はまだ。
あの人への秘めている気持ちとともに、しまっておこう。
2009.05.26 Tue l 自作小説 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。