上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
真「僕と!」
あずさ「私の~」

P「CDが発売したぞ!皆の衆!」

伊織「あんたが言うことじゃないでしょう」

P「まあいいじゃないか、それより宴じゃ宴!」

真「お酒はあずささんとプロデューサーしか飲めませんよ」

あずさ「あら~お酒を飲むのー?私、そんなに強くないわよー?」

伊織「宴だからって言ってお酒を必ずしも飲むわけじゃないわ」

真「えっ!そうなの?」

伊織「…前から少し思っていたんだけど、真って意外と何も知らないわよね」

真「そっ、そんなことないよ!今回はたまたま!」

P「まあいいじゃないか。宴じゃなくて、パーティーをやろう」

あずさ「そうですね~。私もパーティーの方が好きです」

真「僕もパーティーの方がわかりやすくて好きですよ!」

伊織「何でもいいけど、なんで私まで呼ばれてるのかわけがわからないんだけど」

P「いや、伊織がいないと寂しいじゃないか」

伊織「ッ!…バカじゃないの、アンタ。春香や千早、やよいでも誰でもいいじゃない」

P「みんなスケジュールが合わなくてな。やっとこさ伊織だけ捕まえられたんだよ」

伊織「…」

真「ちょ、プロデューサー!」

P「ん?」

真「そんな細かいことは言わなくていいじゃないですかー」

P「そうなのか?」

真「あわわわ、伊織の顔がみるみるうちに鬼の形相に…」

あずさ「あらあら」

伊織「…期待した私がバカだったわ」

P「と言いつつその手に持った雪歩愛用のスコップを振りかざしたのは何故ですか?」

伊織「おとなしく、おうじょうしいやあーーーーーーーー!」

P「伊織!キャラ違うキャラ違う!」

伊織「うるさいうるさいうるさい!この変態!ド変態!THE変態!」

P「いやああああああああああああ」

そのまま事務所の階段を駆け下りるプロデューサーと伊織。
二人の姿が見えなくなったあとの事務所は静寂が支配した。

真「…二人でお祝いしましょうか」

あずさ「そうね~。はい、かんぱ~い」

真「かんぱーい…はあ」

あずさ「うふふっ」
2009.07.01 Wed l アイドルマスター l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。