上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
問、プロデューサーについてどう思いますか?

伊織の場合
伊織「…別に」

千早の場合
千早「…特に」

春香の場合
春香「もちろんっ!頼れる人です!」

やよいの場合
やよい「プロデューサーはプロデューサーです!うっうー!」

真の場合
真「ちょっとだらしないけど、かっこいい人です!僕だけのおうじs、うあっ!危ない危ない…」

あずさの場合
あずさ「迷子にならないように指示してくれる物知りなお人です~」

亜美の場合
亜美「いたずらし放題だよーん!んっふっふ~」

雪歩の場合
雪歩「いてくれなきゃ困りますぅ~…」

美希の場合
美希「もうちょっと甘やかさせてくれると最高なの~」

真美の場合
真美「好き、かな」

伊織・千早・真「「「!!」」」

律子「こら真美、あんまり変なこと言わないの」

真美「んっふっふ~、みんな真美の演技に騙されたー!わーい!」

律子「はいはい」

伊織・千早・真(そっと胸をなでおろす)

律子の場合
律子「将来の伴侶、ですかね」

伊織・千早「「!!!」」
真「伴侶?」

P「こーら律子、アイドルが滅多なこと言わない」

律子「あら、いたんですか?」

P「いたよ大分前から。気づいてよ。寂しいとうさぎは死んじゃうんだよ?」

律子「ならうちにきます?責任もって飼いますよ?」

P「律子がアイドル引退したら考えさせてもらうよ」

律子「なら引退…」

伊織・千早「律子!」

律子「なっ、なに?」

伊織・千早「レッスンしましょう!」

律子「えっ、でも今は」

伊織・千早「いいから!」

律子「もう…わかったわよ」

そのままレッスンスタジオに向かう三人。

P「あんなに声を張り上げてどうしたんだ?」

やよい「わかりませんー…喧嘩でもしたんでしょうか?」

やよいはおどおどしながらプロデューサーに尋ねた。
その質問にこう答えるプロデューサー。

P「あー大丈夫、それはない。あの三人は仲良しだ」

やよい「そうですか…そうですよね!」

P「ああ、そうだとも!」

亜美「だって私たちみんな!」

春香「仲間だもんげ!」

真美「ちょっとはるるーん!真美の台詞っしょー!それに仲間だもんね!だよ!」

P「もう許してやれよ」

春香 (のワの)

雪歩「なんだか、混沌としていますぅ~…」

真「うん、でも仕方ないのかも」

美希「それよりも真クン、美希とデートしよー」

真「えっ!?いっ、いまから?」

雪歩「わっ、私もいきたいですぅ…」

美希「美希が先なのー!」

真「うわあーん!なんでこうなるんだー!」

こうして765プロはカオスに包まれた。

あずさ「あら~それじゃー、ここらでいっぱいお茶が怖い、と。うふふっ」

小鳥「落ちてませんよ」

社長「はっは、どんどんやってくれたまえ!」

今日も今日とて765プロダクションはどたばたしておりますが、平和です。
2009.07.04 Sat l アイドルマスター l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。