上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
P「美希、誕生日おめでとー!」

伊織「!?」

響「!?」

美希「ありがとーなのー」

P「はいこれ」

美希「こ、これは…!クリスマス限定、ロー○ンおにぎりパックなの!」

P「前に食べたいって言ってたのを覚えてたからな、買ってみたんだ」

美希「ありがとープロデューサー!」

P「はっはっは、こら、抱きつくな」

伊織「ちょっとあんた」

P「ん?」

伊織「横から悪いけど、どうして美希の誕生日だけ覚えているわけ…?」

P「美希の…というと?」

伊織「私や響に対しては一日送れだったでしょう?」

P「あーそうだな」

伊織「なのにどうして美希の誕生日はこうして、普通に、祝えてるわけ?」

P「うっ、伊織、目が恐いぞ…」

響「そうだそうだー!美希だけずるいぞー!」

P「ひ、響まで…って伊織さんの目がやばい」

伊織「…この変態」

P「ぐはっ、今の言い方はご褒美にはならないのだぜ…」

伊織「往生しなさーい!」

P「せ、戦略的撤退を計る、代理P!あとはまかせた!」

代理「ええ」

P「すたこらさっさ!」

伊織「こらっ!まてー!響、追うわよ!」

響「りょうかいさー!」


美希「美希の誕生日なのに、二人にばっかかまってずるいのー」

代理「あの人は人気者ですからね」

美希「むー、じゃ代理プロデューサーで我慢するの」

代理「代わりになれば幸いです、よかったらこれを」

美希「んー?ってそれはあの高級店のケーキなの!」

代理「おにぎりはあの方が買うと思っていたので、私はオーソドックスにケーキを買ってみました。お気に召されましたか?」

美希「うん!代理プロデューサーのこと、大好きになっちゃうかもなの」

代理「それは光栄ですが、スキャンダルは避けたいのでご遠慮ください」

美希「ねーねー、食べようよー」

代理「美希さん一人でですか?他のアイドルの方たちと一緒に食べなさったほうが…」

美希「代理プロデューサーと一緒なの!」

代理「ふむ、一人占めならぬ二人占め、ですか」

美希「そうなの!おにぎりおいしいー、さあー早く食べるのー!」

代理「もう食べているじゃありませんか」

美希の誕生日の風景でした。
2009.11.23 Mon l 自作小説 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。