--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010/05/02 (Sun) 働きたくないでござる

多分、自分も自分の書くこのプロデューサーも同じこと考えてるはず。
ノープランですが追記は律子ss。

「リッチャンハハタラキモノデスヨ」

「なんですか急に、五月病ですか?」

「そうだって言ったら仕事休めるかね」

「ありえませんね」

「鬱だ、帰りたい」

「五月病もほどほどにしてくださいね、まだ始まったばっかりなんですから」

「気持ちのなりようでいくらでも病になんてかかれます!」

「ポジティブにネガティブですね」

「そうでもしないと鬱なんです」

「もう…ちょうど仕事もひと段落したのでどこか行きますか?」

「行きます!リッチャンとデートします!」

「デートってねぇ、その後は働いてもらいますからね」

「はい!」

「じゃそれはそれとして、どこに行くんですか?当然ノープランですよね?」

「んー、まあそうだな。どうするか」

「どこでもいいですけど、傍にいるのはプロデューサー殿ですから」

「そいつはどうもありがたきお言葉」

「…と、とにかくどこへ行くんですか?」

「えー、たまには俺の趣味でいくようなお店にでもいきます」

「はあ」

「嫌ならやめておくが」

「ちょっと待ってくださいね。…うん、面白そうかも」

「えっ、マジか?」

「マジですよ。そういったものしかないお店って所謂専門店みたいでいいじゃないですか」

「まあそうと言えばそうだが…」

「自分で提案しといてなんですか、行きたくないんですか?」

「いや、律子ならこういうときって普段重くて買いきれない事務所に必要なものとか買って俺に持たせるようなイメージがあるから、それを提案しなくて驚いてるんだ」

「それいいですねー。なんなら今からでもそうしましょうか?」

「是非前者のほうでお願いします!」

「はいはい、もう調子いいんだから。そんなに私は意地悪に見えますかね」

「イメージを変えるのは難しいからな、特に最初についたイメージともなれば、な」

「まあ、いいんですけど」

「本当はアンモラルなエロさを持つ眼鏡美女なのにな、俺は知っているから安心しろ」

「誰がアンモラルですか」

「Yシャツの第二ボタンまで外して寝てる律子のエロさは異常」

「ちょっ!?なんでそれを…あの時は誰もいなくてよかったと思ったのに」

「ほれ、証拠画像」

「なっ!?写真まで、そんなもの早く消してください!」

「ちなみに画像ではわかりにくいがしっとりと汗をかいていたので生で見たときのエロさは三割り増しです」

「そんなことはいいから早く消してください!」

「このお宝画像を消す…だと…?」

「い い か ら !」

「くそう、言わなきゃよかった。律子のいいところ言ったらこれだよ」

「エロいのがいいって微妙なラインだと思いますけどね…あー疲れた」

「またいつか見られることがあるのだろうか…」

「…まあ、今度同じことがあってもそれは私のミスとしてなにも言わないことにします」

「夏が楽しみだな!」

「五月はまだ始まったばかりです」

「鬱だ…」

「子供ですか…とにかく、行きましょうか」

「ああ、そうするか」

「あっ、事務所の鍵」

「持った持った、窓は」

「閉めました、あとこれハンカチ」

「サンキュー一応ウィッグも持ったし、行くとしますか」

「そうですね、ちゃんとエスコートしてくださいよ?」

「正直自分ひとりの世界に入りそうなのではいとはいいません」

「まああまり期待していないのでいいですよ」

「うわー辛辣なお言葉で」

「あははは」

「んじゃ」

「はい」

「「行ってきます」」

お買い物編へ続く。

自作小説 | comment(0) |


<<リーチはまだみたいですね… | TOP | なんだか知らぬうちに、20拍手で。>>

comment











管理人のみ閲覧OK


| TOP |

プロフィール

流ぬこ

Author:流ぬこ
自個偽無、候。
書いたり書いたりしている流ぬこです。
ピクシブなんかでも同じく流ぬこで書いています。
はじめの一歩を見るとオズマ戦でも小橋戦でもどの戦いでも泣けます。はい。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。