上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
そこはかとなく現実ってやつが迫ってきやがりまして、大分遅くなりました。
その間はコミケ一日目にいったり、友達が止まりにきたり、ぼくのなつやすみをプレイしたり。
いろいろ夏を満喫してます。
ぼくなつはやっぱりいいゲームだと思います。

それにしても最近は外からの風がないので、部屋が蒸し蒸しでかなり不快な状態です。
なんとなく怖いコピペを思い出したりして鳥肌を出したりはしていますが、その後の怖さで結局寝れません。
もうすぐ高校生の子達は学校ですねぇ。
高校にいるときも夏が早く過ぎていくような気がして、少し寂しいです。
花火も、風鈴も、素麺も、何もしていないのに夏を感じるのは、自分が大人になったからでしょうか。

そういえば小説のほうも忙しくてあまり書けていません。
確か22日までなので、必ずそれまでには仕上げるつもりです。
明後日にはここに載せるので、いましばしお待ちください主催者様。

夏を感じるのに理由はいらない。
夏を感じるのは理屈じゃない。
夏を感じるのは夏だから。
夏とは、楽しみが多い分その後の物悲しさ、空しさが多いです。
それでも夏が好きなのは何故でしょう。
青空の下自転車でも漕ぎながらそれを探しに行きたいなぁ。
このブログを見てくださる人や、友達なんかと一緒に。
それじゃおやすみなさい。
2010.08.19 Thu l 日記 l COM(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。