キスしたとかその描写があるのこのブログだとユリエスが初めてなんじゃ…。
未定の二人でさえ越えてない壁を、伊織と千早が超えるのに苦労している壁をいとも簡単に、だと?
我がユリエスは圧倒的じゃないか!
ユリエスの技術力は世界一ィィィィィィィィ!
いや、でも書いたかなぁ?

なぜそういう描写がないかというと、それは流ぬこ自体あまり書いたことがないから。
いつもキレイキレイにまとめ上げるのでキスはちょっと^^;的なことがあるからではないかと自己分析してみました。
今回のキスも罪の受け渡しということでなっているので綺麗な意味だけではないのです。
軽々しく使いたくないというのもあるかもしれません。
重要な場面で使えばいい、どこかのパクティオーのようにちゅっちゅさせなくてもげふんげふん。
ちなみにネギま20巻までもってます。嘘ついた、25まである。
とにかくそういうふうにことあるごとにしなくても他にも伝える方法はあるし、あくまでキスとか【ニャーン】的な描写は最終手段で、というふうに心でストッパーを作っているようです。
べろちゅーとあんまり好きくありません。
そして「んちゅ…」とか、いま書いただけでかなり恥ずかしいです。
これを連続して書くとか、間接的とはいえ拷問だろう…。同人作家とかすごい精神力ですね、そう考えると。

えー書いてみm@sterの文章量のほうがかなり膨れてきて、しかもまだ序盤という。
これ書いてる暇があるならとある昔の風景書けよ、ってね。
同時並行?…どうかな。器用じゃないもんで。
まああまりにも膨大すぎて間に合わないときはそれとはまた別に短いの書こうと思ってるのでそこは平気。
一つだけいえるのはss、ショートストーリーの枠組みを超えつつあるっていうことでしょうか。
完成すればこのブログで一番長くなるようなものです。
現場からは以上です。

ありがとうございました。
後でジュースをおごってやろう。
ユリエスは前にも書いた気がするけど、topにないのはきっと自分が編集してないからでしょうね。
二つほど書いた記憶がありますが、罪とかどうこうはなくてただひたすらに自分が2828するようなものを書いた記憶があります。
もしかしたら改めてまとめのほう追加するかもしれません。
最近「鐘を鳴らして」をまた聴きはじめたので、TOVのss増えるかもしれないですしね。
どうなるかは今日以降の流ぬこ次第、というわけで今日はここまで。
おやすみなさい。
2010.09.09 Thu l 日記 l COM(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿