ガルシアPさんの動画を見ました。その動画は青春m@sterという小六さんの発案からなった企画に投稿されたものだそうです。
はっきり言うと最初は音だけが気になったので見ようと、それだけでした。
だから冒頭の部分も飛ばして、見始めたのは三十秒くらいのところからでした。
ですがそのまま、かみ締めるように最後までその動画を見終えていました。
曲が盛り上がり、文章にも力が篭るところ、曲で言えば大サビで涙目にさえなりました。
小説だけでは感じ取れないものをこの動画で感じられた気がします。
書いてある文章はきっと自分でも、誰にでも真似が出来ます。ですが曲と共にガルシアPさんの書きたいもの、思いが文字の端々で見受けられました。
二回目、冷静になったところで見ればいくつかそれでいいのかと疑問に思うところ。
一回目で見れることなんて書き手が一番大げさに見せたいものだけなんだなって痛感しました。
でもやっぱり、この動画は見てよかったと思わさせてくれるものでした。

自分はまだまだなんですね。少し浮かれていたのかもしれません。
うん、これからは本当の自分が思う良い意味で書き者として成長していきたいですね。
2010.11.11 Thu l キケン ガ アブナイ ! l COM(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿